TikTokの透明性について

TikTokのミッションは、創造性を刺激し、喜びをもたらすことです。このミッションの実現に向けて、信頼を築き、維持するために、コミュニティとの透明性を保つことを目指しています。

house-pic

このページは透明性を推進する取り組みの一環として、TikTokが安全性を維持するために行っている取り組み、当社の運営に関する詳細、そしてコミュニティガイドラインと透明性レポートなどの資料を共有するために作成いたしました。また、ロサンゼルスとワシントンD.C.に設置されるTikTok T&Aセンターに世界中から専門家の皆様をお招きし、当社のモデレーション、アプリのポリシー、技術についての詳細を共有いたします。

TikTokの運営に関する詳細情報を公開することで、専門家の皆様とのオープンな対話を促し、プラットフォームにより安全な体験を生み出すための、業界をリードするポリシーと機能を強化していきたいと考えています。

プラットフォームと事業についての透明性を推進しながら、このページとTikTok T&Aセンターを通じて進捗を共有してまいります。

TikTokとByteDanceについて

TikTokはByteDanceの主力製品です。ByteDanceは、言語、文化、地域を超えて人々に情報を提供し、教育、楽しさ、感動を与える様々なコンテンツプラットフォームを運営する世界的なテクノロジー企業です。世界125以上の都市に6万人以上の従業員を擁しています。

2017年5月にスタートしたTikTokは世界最大級のモバイル向けショートムービープラットフォームです。共通の趣味を持つ人々を繋げたり、新しい世界を発見したり、自分らしい創造性を表現する場を提供してきました。グローバルプラットフォームとして、TikTokは中国を除く主要市場のすべてをカバーしていますが、中国ではByteDanceはDouyin(ドウイン)と呼ばれる別のショートムービープラットフォームを提供しています。TikTokは、ロサンゼルス、シリコンバレー、ニューヨーク、ダブリン、ロンドン、パリ、ベルリン、ドバイ、ムンバイ、シンガポール、ジャカルタ、ソウル、東京を含む世界各地にオフィスを構えています。

TikTokは、Coatue、General Atlantic、KKR、Sequoia Capital、Susquehanna International、Softbankなどのグローバル機関投資家から支援を受けているByteDanceの子会社を通じて運営されております。

ByteDance取締役会
張一鳴(チャン・イーミン) 創設者兼CEO兼会長

アーサー・ダンチック 役員、Susquehanna International Group, LLP創立者

ウィリアム・フォード 役員、General Atlantic CEO

フィリッペ・ラフォン 役員、Coatue Management創立者

ニール・シェン 役員、Sequoia Capital管財人

ByteDanceについて

TikTokは、ユーザーのプライバシーを保護し尊重することに尽力しています。私たちのプライバシーポリシーでは、社がユーザーからどのようなデータを収集し、それをどのように使用するかをご説明しています。また、TikTokサービス規約では、TikTokコミュニティーの一員であるユーザーの権利と責任について記載されております。

本プライバシーポリシーは13歳以上のユーザーに適用されます。 若年層ユーザーの視聴経験とプライバシーなど、アメリカでの取り扱いに関しては 若年層ユーザーのプライバシーポリシーをご参照ください。

TikTokは、ユーザーが自己表現のできるコンテンツを創造・共有し、周りの世界を発見し、世界中の人々とつながりを持つことができるグローバルコミュニティを構築しているとともに、ユーザーが安心できる環境を提供することに努めております。

TikTokのコミュニティガイドラインは、安全性、多様性、そして誠実性を持ちながら、ユーザーがクリエイティブに自己表現のできるプラットフォームを提供するという価値感を反映し、プラットフォームにおいての行動規範が定められております。

運営の透明性を高めることが、信頼関係を構築するために不可欠であると考えています。昨年、初めてのTikTok透明性レポートを発表し、政府機関からのユーザーデータの要請やその他の法務通知の情報を公開いたしました。今後も定期的に発表する予定です。

私たちは、法的要請への協力とユーザーの権利保護とのバランスをどのようにとるかを示すために、各市場ごとに明確な情報提供を行うことが責務であると考えています。こうした定期的な更新を通じて、TikTokコミュニティは、私たちの行動をより理解し、最新情報に基づいて評価することができます。

2019年1月〜6月30日のレポート(2019年12月30日発行)

2019年7月1日〜12月20日のレポート(6月30日発行)

セーフティセンターでは、ユーザーがTikTokとアプリ内のプライバシー、セーフティ、そしてWellbeing設定を調整するためのツールについてよりよく理解するためのリソースと情報を提供しております。

また、未成年のお子様の視聴を制限する方法についての説明など、保護者の皆様向けのリソースもご案内いたします。

TikTokは、ユーザーにとって安全なプラットフォームを構築するために、世界各国の様々な専門家、NPO、業界団体と連携しています。本セーフティセンターでは、安全推進の活動を共有し、安全に関する情報を交換するために連携する各団体 について紹介しています。

TikTokコンテンツ諮問会は、テクノロジーと安全性に関する専門家によって結成され、現在の課題に対処するだけでなく、今後業界が直面するであろう課題も先取りした前向きなポリシーの策定に貢献しております。

TikTok USのTikTokコンテンツ諮問委員会のメンバーは以下の通りです。

ロブ・アトキンソン Information Technology and Innovation Foundation
ドロシー・L・エスぺラージ博士ノースカロライナ大学チャペルヒル校 William C. Friday特別栄誉教授
ハニー・ファリド カリフォルニア大学バークレー校 工学およびコンピュータサイエンス学部
マリー・アン・フランクス マイアミ大学法学部
ヴィッキー・ハリソン Stanford Psychiatry Center for Youth Mental Health and Wellbeing
ドーン・ナンジアトジョージ・ワシントン大学 法科大学院 学部長
デビッド・ライアン・ポルガー All Tech Is Human
ダン・シュヌール 南カリフォルニア大学 Annenberg Center on Communicationおよびカリフォルニア大学バークレー校 Institute of Governmental Studies
ムタレ・ヌカンデ ハーバード大学バークマン・センター特別研究員およびスタンフォード大学 Digital Civil Society Lab特別研究員

TikTok T&Aセンター(透明化・説明責任情報公開センター)

TikTok T&Aセンターでは、来訪者にレビューの機会を設けています。

  1. 当社の訓練を受けたコンテンツモデレーターがTikTokのコミュニティガイドラインをどのように適用し、ユーザーレポートと技術ベースのフラグを立てて、報告されたコンテンツとアカウントをどのようにレビューしているか。
  2. データーセキュリティとユーザープライバシー保護に関する施策
  3. TikTokのソースコードは、T&Aセンターでテストと評価のために公開されます。また、来訪者はアプリケーションのアルゴリズムがどのように動作するかを確認することができます。

新型コロナウイルスの影響を受け、ロサンゼルスのT&Aセンターの開設が遅れています。近いうちに、ロサンゼルスとワシントンDCのトランスペアレンシーセンターで皆様をお迎えできることを楽しみにしております。

message-icon