セーフティセンター

辛い時には、支えてくれる人々や参考資料がとても役立つことがあります。もしそうなった場合、日本では以下のような機関の情報を参照してみてください。:

あなたの知っている人がまさに危険にさらされていると思ったら、躊躇なく警察に連絡しましょう。