セーフティセンター

TikTok透明性レポート


はじめに

TikTokは創造的な表現に基づく多様でグローバルなコミュニティです。私たちは誰もが安心して動画を作成し、コミュニティを見つけ、楽しむことができる環境を維持するよう努めています。真の自分を安心して表現するためには、安全性を実感できることが不可欠であると考えています。私たちはコミュニティガイドラインを遵守し、ガイドラインに違反するアカウントやコンテンツは削除されます。私たちの目標は、TikTokがインスピレーション、創造性、そして喜びを提供する場であり続けることです。

私たちはポリシー施行の透明性を約束し、コミュニティと信頼関係を構築し、説明責任を果たします。コミュニティガイドラインや利用規約に違反し削除されたコンテンツの件数と性質を可視化するため、透明性レポートを公開しています。また、法執行機関による情報の要求、政府によるコンテンツ削除要求、著作権で保護されたコンテンツの削除通知への対応に関しても報告しています。本レポートは2020年下半期(7月1日~12月31日)の、新型コロナ感染症の誤った情報への対策、米国2020年大統領選挙に関連するプラットフォームの整合性、コミュニティの健全性を促進するための取り組みなどに関する追加情報を含んでいます。

本レポートに関するご意見、ご質問をお寄せ下さい。transparency [at] tiktok [dot] com.までメールにてお問い合わせください。

コミュニティの安全と健全性

私たちはコミュニティ全体の健全性を保つため、ポリシー、製品、パートナーシップに継続的に力を注いでいます。以下は、2020年下半期に行った主なアップデートです。

コミュニティ健全性のサポート

プラットフォームで見られた行動や、コミュニティおよび専門家からのフィードバックに基づいて、コミュニティの健全性を促進するためにコミュニティガイドラインを強化しました。たとえば、自傷行為や自殺、摂食障害に関する最新のポリシーは、メンタルヘルスの専門家から提供された最新のフィードバックと表現を反映しています。広告ポリシーの分野では、断食アプリや減量サプリメントなどの広告を禁止しました。また、動画が削除された理由をユーザーに通知する方法を改善し、ユーザーが削除の理由をきちんと理解できるようにしました。

TikTokはさまざまな組織と提携し、摂食障害や自傷行為、自殺の考えに苦しんでいる可能性のある人々をサポートしています。そのような内容に関連する検索やハッシュタグは、日本いのちの電話連盟、東京自殺防止センター、寄り添いホットラインにリダイレクトされ、ユーザーは無料のユーザーは、無料で内密にサポートを受けることができるようになりました。また、精神衛生を改善する根拠に基づいた行動のためのリソースも提供しています。

TikTokファミリーのサポート

私たちは定期的に保護者、青少年、児童安全性の専門家と話し合い、家族に相応しいTikTok体験を生み出す有意義な方法を開発しています。2020年後半にはペアレンタルコントロール機能を拡張し、青少年のコンテンツやプライバシーの設定についてさらなるガードを設けられるようにしました。また、保護者の皆さまによりわかりやすくご活用いただくための説明動画も公開しています。制限、コメント、利用時間の制限をきっかけに、ご家庭でデジタル安全性について話し合う機会が持たれることを願っています。

信頼性とプラットフォームの正当性の保護

TikTokでは、プラットフォームの正当性の確保に取り組み、正しいコンテンツをサポートする複数の対策を行っています。これには市民参画プロセスや公衆衛生に関連する誤った情報など、プラットフォームの正当性を損なう可能性のある行為やコンテンツの禁止が含まれます。誤った情報は、不正確または虚偽のコンテンツとして定義されます。私たちは2020年下半期に選挙、新型コロナウィルス、ワクチンに関して信頼のおける情報を提供してコミュニティをサポートし、選挙や反ワクチンに関する誤った情報などを削除しました。この節では、2020年7月1日から12月31日までの取り組みについてご報告します。

新型コロナウィルス

TikTokは引き続き公衆衛生の専門家と協力し、コミュニティの安全を維持し、新型コロナウィルスとワクチンに関する情報を提供できるようサポートしていきます。信頼のおける公衆衛生情報をアプリで直接お使いいただけるようにします。ディスカバリーページ、関連検索結果、ハッシュタグ、動画、そしてセーフティセンターからご利用いただけます。新型コロナウィルス情報ハブでは、厚生労働省が発信するウイルスとワクチンに関する情報へのリンク等が設置されています。

2020年下半期には、この情報ページは全世界で2,625,049,193回視聴されました。ユーザーを情報ページに誘導するバナーを3,065,213本の動画に追加し、63,685,788,567回視聴されました。また、関連するCOVID-19とワクチンのハッシュタグにPSA(Public Service Announcement)を追加し、ユーザーをWHOや地域の公衆衛生情報に誘導しましたが、これらは38,010,670,666回視聴されました。また、2020年下半期にCOVID-19の誤情報を助長する動画51,505本を削除しました。これらの動画のうち、86%はユーザーの皆様から通報される前に削除され、87%はTikTokにアップロードされてから24時間以内に削除され、71%は視聴回数ゼロでした。

2020年米大統領選挙

TikTokのコンテンツ全体で政治とニュースが占める割合は低く、有料の政治広告は受け付けていませんが、TikTokから選挙の誤った情報をなくし、コミュニティに信頼性の高い情報へのアクセスを提供するよう努めています。2020年下半期には選挙の正当性を守るための活動を全世界に展開しました。私たちはこれらの取り組みを進めるため、グローバルなファクトチェック・パートナーシップを拡大、複数地域の選挙管理委員会と緊密に連携、ユーザーに信頼性の高い選挙情報を提供する機能を開発、そして社内の迅速な対応能力とプロセスを改善しました。

米国では、投票や選挙、全米国務長官協会、米国選挙支援委員会、AP通信、その他の信頼のおける組織が発表した選挙結果に関する情報を含む2020年米国選挙ガイドを作成しました。このガイドはディスカバリーページからアクセスでき、選挙関連の検索結果、ハッシュタグ、動画、認証済み政治アカウントの動画に関するものです。私たちの選挙ガイドは累計17,995,580回視聴されました。

関連情報ラベルを選挙関連のハッシュタグに追加して、コミュニティガイドラインに従って情報を確認し、誤情報を含むコンテンツを報告するように呼びかけました。これらのハッシュタグPSAは73,776,375,496回表示されました。 TikTokで見るコンテンツの殆どはFor Youフィード(投稿された時期に関係なく動画を推奨)を介して提供されるため、6,978,395の選挙関連動画にバナーを追加し、視聴者を選挙ガイドに誘導して、動画視聴のタイミングに関係なく最新情報にアクセスできるようにしました。これらのバナーは37,708,973,828回視聴されました。

セキュリティ、ポリシー、運用担当の各専門チームは選挙の誤情報や、私たちのコミュニティガイドラインに違反するコンテンツの拡散検出・防止に努めています。私たちは早急な大統領選勝利宣言や論争の結果など、65通りのシナリオに備え、新しいコンテンツに適切かつタイムリーに対応しました。私たちのチームは、レビュー用コンテンツを識別してフラグを立てる自動化技術と、インターネット上および当社プラットフォーム上に出現するコンテンツをエスカレートする、業界をリードする脅威インテリジェンスプラットフォームを活用しています。

2020年下半期には選挙の誤った情報、虚偽の情報、捏造されたメディア情報の理由で、米国で347,225件の動画が削除されました。PolitiFact、Lead Stories、SciVerifyのファクトチェッカーと協力してコンテンツの正確性を検証し、根拠のないコンテンツの拡散を抑制しました。その結果441,028件の動画は誰のFor Youフィードにもされませんでした。さらに、米国の選挙期間中に自動投稿を繰り替えす1,750,000件のスパムアカウントを削除しました。選挙関連コンテンツの拡張目的でアカウントが使用されたかどうかは不明ですが、このような重要な時期にプラットフォームを保護するため、一連のアカウントを削除することが重要でした。

大統領選挙対応において分かったこと

成功した点

  1. 私たちはプラットフォームに対する国内外の脅威と、2020年米国大統領選全般における選挙正当性の重要性に焦点を当てましたが、これは適切なアプローチだったと考えています。私たちは2019年に準備を始め、2016年の大統領選から学んだ知見に基づいて対策を構じました。2020年の大統領選では、誤った情報の大部分が米国内のユーザー、つまり実在の人々によって引き起こされていることがわかりました。
  1. 私たちは適切なツールへの対策を行い、偽情報を発見し、煽動条件を迅速かつ有意に低減することができました。#sharpiegate #stopthesteal #patriotpartyなどに関しては結果を表示する代わりに、誤解を招くようなハッシュタグをコミュニティガイドラインに迅速にリダイレクトするようにしました。このアプローチはQAnonコンテンツ対策にも役立ちましたが、コンテンツや用語の進化とともに、安全装置を常に更新する必要性も認識しています。
  1. ファクトチェック実行時間の短縮を優先し、新しいコンテンツについて情報に基づいた迅速な意思決定を行うことができました。
  1. さまざまな専門家との関係を構築するため、ポリシーの施行戦略からアプリでのユーザーエクスペリエンスに至るまで、プラットフォームの整合性に対する全体的な対策を改善しました。 無党派のcanivote.orgを使用して全米州務長官協会(NASS)のAPIを活用することで、ユーザーを州の公式選挙ウェブサイトに直接誘導することができました。 これにより、選挙登録を希望するユーザーを支援し、第三者のサイトへの混乱を減らすことができました。 Election Integrity Partnershipと協力することで、新しいコンテンツにほぼリアルタイムでアクセスし、共有し、行動を起こすことができました。 研究者や非営利団体と協力することで、プラットフォームの整合性への対策の透明性を高めました。これにより、セーフティセンターに専用の選挙ページを立ち上げ、さまざまなシナリオでのポリシーの適用方法と重要な更新の日次ログについて詳細を説明しました。

改善すべき点

  1. 誤解を招くようなコンテンツを事前に検出しレビュー用にフラグを立てられるよう、システムの改善を続けます。たとえば、意図的に流した偽情報ハッシュバンクを使用すれば、既知の偽情報を即時検出可能です。また、既知の偽情報の改変版をより適切に識別できるよう、モデルの改良にも取り組んでいます。
  1. 何度もTikTokのルールを破る常習者が回避できないようなシステムの開発を続けます。
  1. 有料のインフルエンサーコンテンツの開示要件についてクリエイターやブランドを啓蒙するには、さらに多くの対策が必要です。TikTokは有料の政治広告を禁じており、インフルエンサーがコンテンツ作成のために報酬を受け取った場合も同様です。私たちはコミュニティがポリシーとFTC(米国連邦取引委員会)ガイドラインを遵守することを期待しています。
  1. 私たちは専門家とアプリ内選挙ガイドを制作しており、将来的には選挙活動に対しより早いタイミングでリリースします。

コミュニティガイドラインの実施

動画

2020年下半期(7月1日~12月31日)に、コミュニティガイドラインまたは利用規約に違反したため、世界で89,132,938件の動画が削除されました。これは、TikTokにアップロードされたすべての動画の1% 未満にあたります。これらの動画のうち、ユーザーからの報告前に92.4%の動画が特定・削除され、視聴前に83.3%が削除、投稿から24時間以内に93.5%が削除されました。

下表は、削除された動画数が最も多い5つの市場を示しています。

国/市場 総動画削除数
アメリカ合衆国 11,775,777
パキスタン 8,215,633
ブラジル 7,506,599
ロシア 4,574,690
インドネシア 3,860,156


パンデミックの影響で、ブラジルやパキスタンなど一部の市場では、違反コンテンツを検出し自動的に削除する技術のみでの審査を行っています。削除された動画総数のうち8,295,164件にフラグが付けられ、コミュニティガイドラインに違反したとして自動的に削除されました。これらの動画は以下のチャートには反映されていません。

動画作成者は、動画の削除に対し異議を申し立てることができます。申し立てを受け取ると、動画を再度確認し、ポリシーに違反していない場合は復元されます。下半期は申し立ての後2,927,391件の動画が復元されました。

下図は、ポリシー違反によって削除された動画件数が示されています。動画が複数のポリシーに違反している場合はそれぞれの違反が反映されています。


下表は、審査チームによって削除された動画のうち、ポリシー上の理由で積極的に削除された割合を示しています。積極的な削除とは、動画が報告される前に検出し削除することを意味します。24時間以内の削除とは、プラットフォームに投稿されてから24時間以内に動画が削除されたことを意味します。これらの値には技術を使って自動削除された動画が反映されていないため、実際よりも少ない数値となります。

プロアクティブ削除率 24時間以内の削除率
裸体の露出または性的行為 88.3% 90.6%
いじめ・ハラスメント・嫌がらせ行為 66.5% 84.1%
ヘイト行為 72.9% 83.5%
違法な活動および規制された物品 96.3% 94.8%
信頼性と正当性 70.5% 91.3%
未成年者の安全 97.1% 95.8%
自殺行為、自傷行為、その他の危険な行為 94.4% 91.9%
暴力的または衝撃的なコンテンツ 93.2% 92.7%
危険な人物および団体 86.9% 89.4%


成人のヌードや性行為

私たちは、すべてのユーザーの皆様にとって安全なプラットフォームづくりに努めており、ヌードや性的に露骨なコンテンツを削除しています。合意に基づかない性的行為、合意に基づかない親密な画像の共有、成人の性的勧誘を描写またはサポートするコンテンツも禁止されています。削除された動画のうち20.5%がこのポリシーに違反しており、2020年上半期の30.9%からは減少しています。減少の理由は、成人のヌードと未成年者のヌードを分離するトリアージシステムを改善した結果です。これらの動画の88.3%は報告される前に削除、 90.6%は投稿されてから24時間以内に削除されました。

ハラスメントといじめ

私たちは、虐待を恐れることのない包括的なコミュニティと自己表現を目指しており、コミュニティメンバーが侮辱されたり、いじめられたり、ハラスメントをうけることを許しません。削除した動画のうち6.6%がこのポリシーに違反しており、2020年上半期の2.5%から増加しています。この増加は性的ハラスメント、ハッキングの脅威、いじめの対象に関するポリシー改訂を反映しており、現行のポリシーはより包括的になりました。ハラスメントやいじめを積極的に検出する能力は多少向上しましたが、それでも言語的・文化的なニュアンスに関する課題が残っています。これらの動画の66.5%は報告される前に削除、 84.1%は投稿されてから24時間以内に削除されました。私たちは残された課題へ真摯に取り組み、最新の進捗状況をコミュニティと共有いたします。

ヘイト行為

TikTokは多様で包括的なコミュニティであり、いかなる差別も認められません。昨年このポリシーを「ヘイトスピーチ」から現在の「ヘイト行為」に変更し、ヘイトスピーチやプラットフォーム外の行動に対して、より包括的なアプローチを採用しました。その結果、削除した動画の2%がこのポリシーに違反し、2020年上半期の0.8%から増加しました。旗やアイコンなど悪意のあるシンボルを検出するシステムはありますが、ヘイトスピーチの積極的な検出は依然として課題であり、改善策への対策を続けています。ヘイト行為の動画の72.9%は報告される前に削除、83.5%は投稿されてから24時間以内に削除されました。

違法行為と規制対象品

TikTokは、欺瞞や詐欺コンテンツなど法や規制に違反する行為がプラットフォーム上にて行えないよう努めており、削除された動画の17.9%がこのポリシーに違反しています。これは2020年上半期の19.6%からやや減少しています。その理由は、自動化と検出システム関連の改善、作業手順の強化の成果と考えられます。これらの動画のうち96.3%が報告される前に削除、 94.8%は投稿されてから24時間以内に削除されました。

誠実性と信頼性

私たちは信頼がコミュニティの基盤を形成していると考えており、偽のエンゲージメント、なりすまし、誤情報を伴うコンテンツやアカウントは許可していません。削除された動画の2.4%がこのポリシーに違反しており、2020年上半期の1.2%から増加しました。ファクトチェックパートナーを複数の市場に追加し、現在16の言語をサポートしています。これにより、コンテンツをより正確に評価し、誤った情報を取り除くことができます。また、偽の関与とスパムを検出し削除する機能も改善されました。削除された動画の70.5%は報告前に削除、 91.3%は投稿されてから24時間以内に削除されました。誤った情報を積極的に特定する、積極的な検出を改善するために対策しています。

未成年者の安全

私たちはTikTokの未成年者の安全に取り組み、このポリシーを定期的に強化しています。アルコール飲料、タバコ、薬物などの消費や、未成年者を危険にさらす可能性のある行為を描写または促進するコンテンツを削除する有害行為ポリシーを追加しました。その結果、削除したコンテンツの36%がこのポリシーに違反し、2020年上半期の22.3%から増加しました。これらの動画の97.1%の動画は報告前に削除、 95.8%の動画は投稿から24時間以内に削除されました。

TikTokは既知の児童搾取コンテンツの識別と削除を支援するテクノロジーPhotoDNA活用して児童性的虐待コンテンツ(CSAM)から保護し、CSAMの識別機能を持つ独自のシステムへ対策を続けています。これらの取り組みにより、コンテンツとアカウントを削除して、全米行方不明・搾取児童センター(NCMEC)および関連法当局に通報する能力が向上しました。その結果、2019年に596件だったNCMECへの報告件数は2020年に22,692件になりました

自殺、自傷行為、危険な行為

私たちは、コミュニティの皆様一人一人の健康と健全な生活を大切にしています。2020年下半期に、メンタルヘルスの専門家が使用するフィードバックや表現を反映するため、自傷行為や自殺、摂食障害に関するポリシーを更新しました。また、多くの組織と提携し関連検索とハッシュタグを緊急サポートにリダイレクトすることで、悩みを抱える人々をサポートしています。削除された動画の6.2%がこのポリシーに違反しました。これは、未成年者の安全ポリシーに基づいて危険な行為を示すコンテンツを削除したためで2020年上半期の13.4%から減少しています。これらの動画の94.4%は報告される前に削除、 91.9%は投稿されてから24時間以内に削除されました。

暴力的な過激主義

TikTok内外の暴力に対して、私たちは確固たる姿勢をとります。昨秋にコミュニティガイドラインを更新し、暴力的な過激主義の問題により包括的に対処し、TikTokが暴力の脅威または扇動と認識するものを特定するため、「危険な個人および組織」ポリシーを明確にしました。削除された全ての動画のうち、0.3%の動画がこのポリシーに違反しました。これは、2020年の米国大統領選前後の扇動コンテンツを削除した結果で、2020年上半期に削除されたコンテンツと同レベルです。これらの動画の86.9%は報告される前に削除、 89.4%は投稿されてから24時間以内に削除されました。

暴力的で生々しいコンテンツ

TikTokは創造性を応援するプラットフォームですが、衝撃性や暴力は推奨しません。削除されたすべての動画の8.1%がこのポリシーに違反しました。2020年上半期は8.7%でした。これらの動画の93.2%は報告される前に削除、 92.7%は投稿されてから24時間以内に削除されました。ドキュメンタリーの目的で、暴力的な抗議活動、自然界における動物同士の狩猟、その他の類似コンテンツを記録した動画をプラットフォーム上に保存することは許可されています。また、オプトイン表示画面を導入し、視聴する動画の管理をより詳細にしました。

アカウント

2020年下半期に、コミュニティガイドラインに違反したため6,144,040件アカウントが削除されました。さらに、9,499,881件のスパムアカウントが削除され、それらのアカウントに投稿された5,225,800件のスパム動画も削除されました。自動化された方法により173,246,894件のアカウント作成を事前に阻止しました。

広告

TikTokには、広告を含む欺瞞、詐欺、誤解を招くようなコンテンツからユーザーを保護するための厳格なポリシーがあります。広告主アカウントと広告コンテンツはこれらのポリシーを遵守し、コミュニティガイドライン、広告ガイドライン、および利用規約に従わなければなりません。2020年下半期に、広告ポリシーとガイドラインへの違反により3,501,477件の広告が拒否されました。私たちはユーザーのために安全・健全な環境を作ることに尽力しており、ポリシーに違反する広告に対処するシステムを定期的に改善、強化しています。

法的要求

以下の節では、2020年下半期に受け取った法的要求の件数と種類、および対応方法について説明します。私たちは、各国政府や法執行機関、および知的財産権所有者から法的要請を受けます。適切な方法で行われたこれらの要求を尊重し、法律で義務付けられている場合は遵守します。

法執行機関によるユーザー情報の要求

TikTokは、ユーザーのプライバシーと権利を尊重しながら、有効な法執行機関の要求を遵守することに努めています。非公開ユーザー情報を取得するには、法執行機関は召喚状、裁判所命令、令状など、請求情報の取得に必要な適切な法的書類を提出する、または緊急要請を提出する必要があります。受け取った情報要求については、法執行機関の調査に関連し証拠の収集権限があるかどうか、または差し迫った危害を伴う緊急事態の調査権限があるかどうかなど、法的義務の有無について当社で慎重に検討します。

緊急事態の中でも限定的に、TikTokは法的手続きなしにユーザー情報を開示します。これは、死亡または重大な身体的傷害の差し迫ったリスクを防ぐために情報の開示が必要であると確信する理由が認められる場合に行われます。ポリシーと実施の詳細については、法執行機関のデータ要求ガイドラインをご覧ください。

下表は、2020年下半期(2020年7月1日~12月31日)に寄せられたユーザー情報の要求件数、および遵守した割合を示します。

国/市場 法的要請数 緊急要請数 総要求数 総特定アカウント数 情報提供された法的要請の割合 情報提供された緊急要請の割合
アルバニア 1 0 1 5 0% 0%
アルゼンチン 0 3 3 2 0% 33%
オーストラリア 4 8 12 20 25% 75%
オーストリア 3 0 3 3 0% 0%
バングラディシュ 4 0 4 3 0% 0%
ベルギー 0 1 1 10 0% 100%
ブラジル 3 4 7 4 33% 50%
カナダ 0 40 40 43 0% 92%
チリ 3 0 3 3 0% 0%
コロンビア 1 0 1 1 0% 0%
チェコ 1 0 1 1 0% 0%
デンマーク 2 0 2 2 0% 0%
フィンランド 2 4 6 6 0% 100%
フランス 19 9 28 47 0% 89%
ドイツ 45 25 70 103 0% 80%
ギリシャ 4 6 10 9 0% 83%
香港 1 0 1 0 0% 0%
ハンガリー 0 1 1 1 0% 100%
インド 103 1 104 103 62% 0%
アイルランド 1 0 1 1 0% 0%
イスラエル 0 73 73 75 0% 81%
イタリア 11 5 16 13 0% 60%
日本 2 10 12 12 50% 90%
ジョーダン 2 1 3 3 0% 0%
レバノン 0 1 1 1 0% 0%
ルクスセンブルク 1 0 1 1 0% 0%
マルタ 9 0 9 19 0% 0%
メキシコ 2 4 6 7 0% 25%
ネパール 9 1 10 12 0% 100%
ホランド 0 5 5 4 0% 80%
ニュージーランド 2 0 2 2 0% 0%
ノルウェー 1 4 5 5 0% 75%
パキスタン 7 8 15 15 14% 0%
パラグアイ 0 1 1 1 0% 100%
フィリピン 0 2 2 2 0% 0%
ポーランド 2 2 4 2 0% 50%
カタール 2 0 2 3 0% 0%
ルーマニア 0 1 1 1 0% 100%
ロシア 12 2 14 14 67% 100%
セルビア 1 0 1 1 0% 0%
シンガポール 21 0 21 29 72% 0%
南アフリカ 0 1 1 1 0% 100%
韓国 3 0 3 5 0% 0%
スペイン 11 0 11 9 9% 0%
スリランカ 2 0 2 2 0% 0%
スウェーデン 2 2 4 4 0% 100%
スイス 6 1 7 7 0% 100%
台湾 1 0 1 1 0% 0%
アラブ首長国連邦 0 3 3 4 0% 67%
トルコ 1 0 1 1 0% 0%
イギリス 49 42 91 93 12% 76%
アメリカ合衆国 409 137 546 560 83% 81%
ウズベキスタン 0 1 1 1 0% 100%


政府機関によるコンテンツ削除要求

現地の法規に従いプラットフォーム上のコンテンツを制限または削除するよう政府機関から要請を受けることがあります。私たちはコミュニティガイドライン、利用規約、適用法に従いすべての資料を確認し、適切な措置を講じます。要求が法的に有効ではない場合や、当社基準に違反していないと私たちが判断した場合は、違法であると疑われる当該国のみで報告されたコンテンツの利用制限の対応をとる場合もありますが、全く措置をとらない場合もあります。

下表は、2020年下半期(2020年7月1日~12月31日)に政府機関から受けたコンテンツの削除または制限の要求、および遵守した割合を示しています。

国/市場 政府要求数 総特定アカウント数 削除または制限されたアカウント数 削除または制限されたコンテンツ数
アルメニア 4 20 0 8
オーストラリア 32 98 74 16
ブラジル 1 1 1 1
バングラディシュ 1 1 1 0
ベルギー 1 1 1 0
カナダ 4 4 4 0
キプロス 1 1 0 0
エジプト 1 1 1 1
エストニア 1 6 6 0
フィンランド 1 1 1 0
フランス 9 20 6 23
ドイツ 1 1 1 0
インドネシア 2 3 0 26
イスラエル 15 15 10 10
アイスランド 1 1 1 1
日本 2 0 0 8
マレーシア 2 2 2 0
ニュージーランド 4 4 4 0
ノルウェー 27 61 56 10
ネパール 15 15 11 14
パキスタン 97 50 24 14263
ロシア 135 375 94 429
スリランカ 10 11 6 4
スウェーデン 2 2 1 1
タイランド 10 1 0 24
トルコ 13 14 6 16
台湾 1 39 21 0
ベットナム 2 2 1 0
アラブ首長国連邦 2 4 1 25
イギリス 4 4 4 0
アメリカ合衆国 5 5 4 0
ウズベキスタン 6 98 34 82


知的財産の削除リクエスト

ユーザーの創造性こそがTikTokの原動力です。私たちは、プラットフォームにおけるユーザーの自己表現を輝かせ、保護し、応援するために最善を尽くしています。コミュニティガイドラインおよび利用規約では、第三者の知的財産権を侵害するコンテンツは禁止されています。著作権法および商標法の違反に基づく有効な削除要求を尊重します。TikTokは、権利者から知的財産権侵害の可能性があることを示す通知を受け取った場合、侵害コンテンツを即時削除します。他者の著作権を侵害する行為は、アカウントの停止または削除につながる場合があります。著作権侵害の申し立て評価については、当社知的財産ポリシーをご覧ください。

下表は、2020年下半期(7月1日~12月31日)に処理された著作権および商標コンテンツの削除通知と、コンテンツの削除割合を示しています。

著作権で保護されているコンテンツの削除通知

国/市場 日付範囲 著作権侵害申し立て削除要求 著作権侵害申し立て削除された要求総数 著作権侵害申し立て削除された要求割合
アメリカ合衆国 &カナダ 7月1日〜7月12日2020年 107 88 82.24%
他国 7月1日〜8月13日2020年 6131 1574 25.67%

注:上記の削除統計データに含まれるのは、著作権所有者、代理人、弁護人からの著作権侵害の削除通知のみです。

国/市場 日付範囲 著作権で保護されているコンテンツの削除通知数 著作権侵害申し立てにより削除された要求数 著作権侵害申し立てにより削除された要求の割合
アメリカ合衆国&カナダ 8月13日〜12月31日2020年/td> 9290 1830 19.70%
他国 8月13日〜12月31日2020年 25394 11626 45.78%

注:ツールの制限により、すべての著作権侵害の削除通知が上記の削除統計に含まれています。

商標コンテンツの削除通知

国/市場 日付範囲 商標権侵害申し立ての総合数 商標権侵害申し立てにより削除された要求数 商標権侵害申し立てにより削除された要求の割合
アメリカ合衆国&カナダ 7月1日〜7月12日2020年 37 9 24.30%
他国 7月1日〜8月12日2020年 438 72 16.44%

注:上記の削除統計データに含まれるのは、商標権所有者、代理人、弁護人からの商標権侵害の削除通知のみです。

国/市場 日付範囲 商標権侵害申し立ての総合数 商標権侵害申し立てにより削除された要求数 商標権侵害申し立てにより削除された要求の割合
アメリカ合衆国&カナダ 7月13日〜12月31日2020年 1002 253 25.20%
他国 8月13日〜12月31日2020年 1026 122 11.89%

注:ツールの制限により、すべての商標権侵害の削除通知が上記の削除統計に含まれています。


付録

用語と定義

TikTok コミュニティに適切なコンテンツを決定する際、以下の用語と定義を使用して審査戦略を決定します。私たちは、信頼のおける多くの専門家と協力して広範なポリシー背景を理解し、不適切なコンテンツや行動に対処するポリシーと審査戦略を策定します。

  • 暴力的な過激主義- TikTok内外の暴力に対して、私たちは確固たる姿勢をとります。私たちのプラットフォームを使用して暴力で脅かしたり扇動したり、危険な個人や組織を宣伝したりすることを禁じています。公安への脅威がある場合や、アカウントがプラットフォーム外の暴力を助長・称賛するために使用されている場合は、アカウントを一時停止または禁止する場合があります。正当な理由が認められる場合は、関連機関に脅威を通告します。コミュニティを効果的に保護するため、他のプラットフォームやオフラインで利用できる情報を検討し、プラットフォーム上の暴力的で過激な個人や組織を特定する場合があります。TikTokでそのような個人や組織を見つけた場合、アカウントを削除します。
  • 違法行為と規制対象品- TikTokは法や規制に違反する行為を助長しないよう努めます。特定の規制対象品の取引、販売、宣伝、使用、および犯罪行為の描写または宣伝を禁止します。コンテンツが一部の地域または国で違法、または規制されている活動や物品に関連する場合、当該活動や物品に関する投稿が合法であっても削除される場合があります。
  • 暴力的で生々しいコンテンツ- TikTokは創造性を応援するプラットフォームですが、衝撃性や暴力は推奨しません。極度に衝撃的、生々しい、サディスティック、残酷なコンテンツ、プラットフォームでの極端な暴力や苦痛を奨励、正常化、または美化するコンテンツを禁じています。公安への脅威がある場合、アカウントを一時停止または禁止し、正当な理由が認められる場合は、関連法当局に通告します。
  • 自殺、自傷行為、危険な行為- 私たちは、コミュニティの皆様一人一人の健康と幸福を大切にします。自殺や自傷行為、摂食障害につながる可能性のある行為を描写、促進、正常化、または美化するコンテンツは禁じています。また、重傷や死亡につながる可能性のある危険な行為に参加したり、他人に参加を促したりするコンテンツをユーザーが共有することは禁じています。
  • ヘイト行為- TikTokは多様で包括的なコミュニティであり、いかなる差別も認められません。ヘイトスピーチや、ヘイト行為を含むコンテンツは禁じられ、プラットフォームから削除します。ヘイトスピーチに違反しているアカウント、またはTikTokプラットフォームからのヘイトスピーチに関連するアカウントは一時停止または禁止します。
  • ハラスメントといじめ- 私たちは、人権侵害の不安のない包括的なコミュニティと自己表現を信じています。コミュニティのメンバーが侮辱されたり、いじめられたり、ハラスメントを受けることを許しません。虐待的コンテンツや行動は深刻な心理的苦痛を引き起こす可能性があるため、プラットフォームから削除されます。
  • 成人のヌードや性行為- 私たちは、皆を受け入れ安全なプラットフォームづくりに努めています。プラットフォームではヌード、ポルノ、性的に露骨なコンテンツは禁じています。合意に基づかない性的行為、合意に基づかない親密な画像の共有、成人の性的勧誘を描写またはサポートするコンテンツも禁止されています。
  • 未成年者の安全- 私たちは、プラットフォーム上の未成年者の安全を確保することに真摯に取り組んでいます。TikTokで未成年者の虐待、危害や危険にさらす、または搾取をする行為は禁じています。未成年者の虐待、搾取、ヌードを描写するアニメや、デジタルで作成または操作されたメディアを含むコンテンツはプラットフォーム違反であり、検出、削除されます。正当な理由が認められる場合、違反コンテンツを全米行方不明・搾取児童センター(NCMEC)およびその他関連法当局に通告します。TikTokでは18歳未満を未成年者とします。
  • 誠実性と信頼性- 私たちは信頼がコミュニティの礎であると信じています。プラットフォームの誠実性やユーザーの信頼を損なうような行為は許可されません。スパムや欺瞞、なりすまし、危害や知的財産権を侵害し、誤解を招くような情報を含むコンテンツやアカウントを削除します。


透明性レポートのアーカイブ

2020年7月1日~12月31日
2020年1月1日~6月30日
2019年7月1日~12月31日
2019年1月1日~6月30日