法執行機関向けデータリクエストガイドライン

ここに記載されたガイドラインは、法執行機関がTikTok Pte. Ltd (以後「当社」)に関する情報開示を求める際の手順を示したものです。記載内容は予告なく変更することがあります。

法執行機関のリクエストに応じる際のTikTokのポリシー

TikTokはユーザーのプライバシーと権利に配慮しつつ法執行機関を支援します。公開されていないユーザー情報を得る場合、法施行機関は開示する情報を求めるに適切な法的書類を提供する必要があります。例えば、裁判所の発行する令状、召喚令状あるいは捜査令状等です。

法的リクエストに応じる場合に提供する情報とは?

下記情報について、法的リクエストに応じて開示される場合があります。

  • ユーザー登録情報

    ユーザーアカウント情報は、ユーザーが登録時、あるいは情報を更新した際に取得されます。なお、下記情報についても、一部はアカウントを取得する際に必ずしも取得されない場合があります。

    • ユーザー名

    • 姓、名

    • eメールアドレス

    • 電話番号

    • デバイス情報

    • アカウント作成日、アカウント作成時に利用したIPアドレス

    ここに記載された情報は裁判所の発行する令状、召喚令状あるいは捜査令状等より入手することができます。または、刑事共助条約(「MLAT」)のリクエストまたは嘱託状に基づいて取得することもできます。

  • ビデオコンテンツ

    TikTokはビデオをユーザーが作成してアップロードすることが可能です。これらのビデオは、個人的にセーブされたもの("非公開ビデオ")あるいは、登録ユーザーに見られるようにアップロードされたもの("公開ビデオ")のどちらかの形態となっています。アカウントがプライベートに設定されていないか、ユーザー自身がビデオを削除していない限りにおいて、公開ビデオについてはアプリケーション上で確認できるため、法執行機関のデータリクエストによる要求には対応しません。

    この情報は捜査令状をもってのみ開示されます。

  • ユーザーの交信履歴

    TikTokはユーザーがコメントやDM、ライブチャットを通じてお互いにやりとりすることができます。

    この情報は令状をもってのみ開示されます。

  • ログデータ

    TikTokはアカウントのログイン・ログアウト、ユーザーの作成したコンテンツ(作成日、更新日)、アプリ内コミュニケーション(to/fromおよびタイムスタンプ情報)などのメタデータを含むログを保管します。ログはコンテンツの中身やユーザーが作成したファイルそのものや、アプリ内コミュニケーションの内容等は含みません。ここに記載された情報は裁判所の発行する令状、召喚令状あるいは捜査令状に従って利用可能です。

リクエストする際に必要となる情報は?

特定のユーザーに関する情報請求については、当該アカウントのユーザーネームを指定する必要があります。

リクエストする機関に関する情報はどのようなものが必要ですか?

アクセスリクエストはlegal@tiktok.comまでeメールでご提出ください。(下記アクセスリクエストを参照)

法執行機関がTikTokに、ユーザーの許可同意を得ることなく、ユーザーの個人データを提供することを要求する場合は、TikTokからその個人データを提供する前に、該当する個人情報が職責上必要であることを明らかにし、その法執行機関の代表者、責任者又は同等階級の方が署名した書面を提出いただく必要があります。

TikTokは情報保全要求を受けますか?

TikTokは法執行機関からのユーザー情報保全に関する正式な要求を受けます。

すべての必要な情報を記載し、法執行機関の代表者の署名と日付を記入したリクエストを受け取った場合、TikTokは適切に識別できるTikTokユーザーと関連した有効なアカウント情報を90日間保全する要求を受けます。この90日保全期間延長リクエストを複数回受けることはできません。

TikTokは期日の終わりまでに正式な情報保全に関する法的プロセスが取られなかった場合は、保全期間の終了をもってユーザー情報を削除することがあります。

保全要求は、当該期間のレターヘッドに特定の保全対象ユーザーネームを記載したものに署名がなされている必要があります。加えて、保全要求は裁判所の令状かその他の要求に関する法的プロセスが取られていることを明記する必要があります。

TikTokに対しどのように要求すればよいですか?

保全やデータ開示のリクエストはeメールにて、legal@tiktok.com宛に送信してください。受信した旨についてご連絡しますが、司法権や適切な提出の欠如を含む不受理の権利を放棄するものではありません。TikTokは非法執行機関の職員からのいかなる情報提供・情報保全の要求も受け付けません。

データ開示の緊急要請はどのようにすればよいですか?

緊急要請は、legal@tiktok.comまでEメールで提出ください。(緊急要請フォームは下記参照)。

事件の緊急性によりTikTokの判断で情報開示の手順を短縮することもあります。個人の命、健康或いは安全に関わるような緊急事態の際は、個人の許可を得ることなく、個人データを開示することが可能です。

全ての緊急時リクエストは法執行機関のレターヘッド、権利のある法執行機関職員の署名を含めて記述する必要があり、eメールで送信される場合は、当該法施行機関のドメインから発信される必要があります。非法執行機関職員が緊急状態を発見した場合は、すぐ直接所管の法執行機関に知らせてください。

リクエストの過程は?

シンガポール以外の各国政府機関はMLATリクエストまたは嘱託状を通し、TikTokにユーザー情報を請求ください。TikTokはMLATまた嘱託状の進行中にデータ保全リクエストを確認し、適切に提出された要求に対応します。

TikTokはアカウントデータの要求があったことをユーザーに知らせますか?

法律上禁止されている場合を除き、弊社のポリシーにより、法律上の手続きを受ける、TikTokユーザーの記録、情報、またはコンテンツが求められら場合は、該当するユーザーに通知します。

さらに、送付されたリクエストに基づき、TikTokが進行中あるいは過去の利用規約違反等を認めた場合、さらなる違反を阻止する為に、アカウントの停止やその他のアクションをとり、ユーザーに結果として知らせることになる可能性があります。信義則によりそうしたTikTokのアクションが捜査に師匠をもたらすと思われる場合には、アクションを取らないよう要請し、TikTokも要請に基づいてアクションを取らないようにすることができます。TikTokは自らの利用規約に基づいて運営するので、そのような要請は法執行機関の責任において要請される必要があります。

TikTokによるデータ開示ならびにデータ保全作業にかかる必要な費用はありますか?

TikTokは法執行機関の要請に答える為に発生した費用を請求する権利を保留します。

1. アクセス リクエスト フォーム

2. 緊急情報開示フォーム