メインコンテンツにスキップ
TikTokについて

フォロワー0人でもバズるおすすめフィードの仕組み

「おすすめ」フィードについて

「おすすめ」フィードは、つながりと発見を可能にする機能の一つです。ここはTikTokのユーザー体験の中心であり、多くのユーザーが時間を過ごす場所です。 TikTokを開いて「おすすめ」フィードにアクセスすると、ユーザーの興味に合わせて厳選された動画が表示されるので、好きなコンテンツやクリエイターを簡単に見つけることができます。このおすすめの仕組みは、各ユーザーが興味を持ちそうなコンテンツを届けるレコメンドシステムによってできています。TikTokの大きな特徴の一つは、一つとして同じおすすめフィードがないことです。つまり、異なるユーザーが同じ人気動画に出会ったとしても、各ユーザーのおすすめフィードはそれぞれ異なっており、特定の個人に合わせてカスタマイズされています。

レコメンドシステムの基本

レコメンドシステムは私たちの身の回りに多くあります。私たちが毎日利用しているサービスの多くは、レコメンドシステムによって支えられています。ショッピングや動画配信から、検索エンジンまで、レコメンドシステムはユーザーがより個人的な体験をできるように設計されています。 一般的にこれらのシステムは、コメント投稿やアカウントフォローなど、TikTokとユーザーのインタラクションを通じて示されたユーザーの好みを考慮した上でコンテンツを提案します。これらの指標はレコメンドシステムが、ユーザーが好みのコンテンツはもちろん、スキップしたいコンテンツを推測するのにも役立ちます。

おすすめフィードに関係のある要因

TikTokでは、おすすめフィードは各ユーザーの好みを反映しています。このレコメンドシステムでは新規ユーザーが興味のあることから、興味のないことまでを調整しながら、これらを組み合わせた要素をもとに動画をランキング化し、個人に合わせたおすすめフィードを作るため動画をレコメンドしています。 おすすめフィードに載る動画は多くの要因に基づいて決まります。以下は一例です:

  • ユーザーインタラクション:動画の「いいね」や「シェア」、アカウントのフォロー、コメント投稿、作成したコンテンツなど
  • 動画の情報:キャプション、サウンド、ハッシュタグなど
  • デバイスとアカウントの設定:言語や国の設定、デバイスの種類など。これらの要素は、システムのパフォーマンスを最適化するために含まれていますが、これらの要素からユーザーの嗜好は判別するのが難しいため、レコメンドシステム上では他の要素よりも重要度は低くなっています。

このような様々な要素はすべて当社のレコメンドシステムによって処理され、ユーザーにとっての価値に基づいて重要度が決められます。ユーザーが最初から最後まで長い動画を見終えたかどうかといった強い指標は、ユーザーと動画の視聴者と制作者が同じ国にいるかどうかといった弱い指標よりも重要度が高く判断されます。動画は、ユーザーがコンテンツに興味を持つ可能性を判断するためにランク付けされ、それぞれの個人に合わせたおすすめフィードに配信されます。 フォロワー数の多いアカウントが投稿した動画の方が再生回数が多くなる可能性はありますが、フォロワー数自体も、そのアカウントが過去に人気になった動画を投稿しているかどうかも、レコメンドシステムに直接的には影響しません。

このページはお役に立ちましたか?

thumps upはいthumps downいいえ