メインコンテンツにスキップ
アカウントの設定

2段階認証について

2段階認証とは

2段階認証とは、アカウントにログインする際に、メールアドレスとパスワードのほかに、その都度発行される一度限りしか使えない認証コードを入力することで、アカウントの安全性を確保する機能です。

設定するメリット

認証コードを入力しないとログインできないため、アカウントの乗っ取りなど不正なアクセスを最大限防止できます。 安全な利用のため、2段階認証の設定をすることを強くおすすめします。

※最近TikTok公式から送信されたように装った巧妙なメールやメッセージ(SNS上のDMなど)も多数確認されています。2段階認証を設定していなかった場合、万が一パスワードなどを入力してしまうと、アカウントが乗っ取られてしまい、大切なアカウントにアクセスできなくなってしまう可能性も考えられます。 この機会にぜひ、2段階認証の設定をおすすめします。

乗っ取り被害ルポ

過去に実際にあったアカウント乗っ取り被害をご紹介します。


  1. Aさん

毎日楽しくTikTokを利用していたAさん。

ある日、いつものようにTikTokを開くと、ログアウトされましたという通知が。ログインをしようとしても、パスワードが違うと言われログインできません。自分のアカウントを確認すると、、、なんとプロフィールが知らない人のものに書き変わっていて、見覚えのない動画も投稿されていました。

TikTokに連絡し、アカウントは復活できましたが、過去の動画はすべて削除されており、また一からのスタートに。フォロワーも半分以上が削除されていました。


  1. Bさん

Bさんは数多くのフォロワーを持つ有名クリエイター。

フォロワーからアカウントが乗っ取られているとの報告を受け、確認すると、プロフィールがとある有名人のものに変わっており、過去の動画もすべて削除されていました。

アカウントを取り戻そうとTikTokに連絡しましたが、必要な確認作業のために復活に時間がかかり、これまで毎日続けてきた動画投稿が数日できなくなりました。また、削除された一部の過去動画の復元ができませんでした。


また上記以外にも、詐欺の勧誘のDMを送信されたり、コミュニティガイドラインに違反しているコンテンツを投稿され、アカウントが永久BANされたケースも確認しています。アカウントの復活に時間がかかるケースもある他、過去に投稿した動画が削除されてしまった場合、復元ができないこともあります。

有名クリエイターも被害に

実はここ最近、有名クリエイターも次々にアカウントの乗っ取り被害に遭っています。SEIKINさんもその一人。下の動画では、アカウントが乗っ取られるまでの経緯や、被害の全貌が赤裸々に語られています。この機会にぜひ一度ご覧ください。

設定方法

STEP1

マイページから、「設定とプライバシー」(右上の…)をタップします。

STEP2

「セキュリティ」をタップします。

STEP3

「2段階認証」をタップします。

STEP4

認証コードを受け取る方法を選択します。SMS、メールのどちらかを選択してください。

STEP5

登録している電話番号、もしくはメールアドレスに認証コードが送信されます。(登録していない場合は、電話番号もしくはメールアドレスの入力が必要になります。)

STEP6

これで設定完了です。上のステップで設定した方法(SMSもしくはメール)が何らかの原因で使えなくなってしまった場合のために、もう一つの方法をバックアップとして登録しておくことも可能です。「バックアップを追加」から、設定をお願いします。

このページはお役に立ちましたか?

thumps upはいthumps downいいえ